お役立ち情報

まぶたのたるみケアはお早めに。

エステが終わったお客様の感想の中で最近多いのは、

 

「フェイスラインがシュッとした!」

「クスミが取れて白くなってる!」

「あれっ?眉毛と目の間が縮んでる!?」

 

はいそのとうりです。

どの効果も狙ってトリートメントしています。

その中でも、まぶた(目の周り)、首デコルテはかなり

時間をかけてマッサージしています。

とくにアイゾーンは皮膚の中でも薄くデリケートで、

皮下脂肪もなく、弾力やハリを司る真皮が半分の薄さです。

表皮の絵

 

 

 

   画像お借りしました

 

日頃の運動不足や、スマホ、パソコンの操作時間が長い、

最近字が見えにくく、まぶたを無理に開けて見ている、など

目のまわりの筋肉が使われすぎています。

何もしなければ一番始めにまぶたがたるむ

 

見た目年齢も左右するまぶたのたるみは

気づいた時からでも間に合います。

しかし、とてもデリケートな場所なので、

ケアには注意してほしいポイントがあります。

ハリの写真

 

 

 

 

 画像お借りしました

 

対策ケア① まぶたのたるみは頭皮から

お顔と頭皮は一枚の皮でつながっています。

頭皮をほぐすだけで即効的にお顔までキュッと上がります。

眼精疲労や偏頭痛にも。

 

対策ケア② たるみ最前線は細胞まで届くケア

エイジングケアの最前線はもはや『細胞』が人気ワードです。

なかでも肌細胞を生み、肌の土台から立て直しをする

美容液細胞ケアを取り入れましょう。

 

対策ケア③重力に負けないで

まぶたのたるみで気になる「重力」。

実は無重力環境でも肌は下垂するんです。

乾燥や細胞の劣化がたるみには影響するので、

ピンと張った肌を育むことができるクリームは有力。

 

対策ケア④急ぐなら巡り系インナーサプリメント

いくら与えるケアを頑張っても、巡りが悪ければ肌のハリは復活しません。

代謝を上げて身体の中からハリをアップ。

 

対策ケア⑤やっぱりマッサージ

私でも自分のアイゾーンのケアは、手の構造上

難しいです。血管や神経も細かくて複雑な場所ですから。

 

いかがですか。

目元のたるみは見た目年齢を左右するので自分も、

他人もその変化に気づきます。大きな原因は加齢ですが、

正しいケアをすれば目が縦に大きくなり、かわいいアーモンドアイに。

10歳は若見えするのでしっかりとケアをしていきましょう。

初めての方限定ケアはこちら

-お役立ち情報

Copyright© 静岡駅南口徒歩2分!たるみ小顔専門サロンLa ruche ラリューシュ。整形要らずのリフトアップ効果を実感! , 2020 All Rights Reserved.