カラダにいいこと

50代からのゆるダイエット!あの頃に戻りたいあなたへ

エイジングケアサロン【ラリューシュ】畠山です。

静岡駅南口から徒歩2分
エステティシャン1人お客様おひとりの完全個室プライベート空間で誰にも会わずに女磨き!

 

なかなか痩せないのにはワケがある!

「昔と比べて、そんなに食べる量は増えてないのに年々太ってきた!」
「ウォーキングしているのに全く痩せない!」

そんなアラフィフ世代の方はとっても多いと思います。
私も同じで、ちょっと油断すると「二の腕タルタル」&「下腹ポテポテ」に!

いざ痩せよう!とダイエット法を調べてみると、、、巷に溢れる情報の嵐。
女も50年以上やっていると、、、
適度な運動とバランスのとれた食事が大切なのは重々承知しております。

じゃあ、食べる量を減らす?or食べた以上に運動する?
分かってはいるけど…

「運動は苦手だけど美味しい物は食べたい!」
「ご飯の後の甘い物は止められない!」
「ここらで何とかしないと取り返しの付かない事になってしまう!」
それが私達の本音です!

てっとり早く痩せサプリ?でも薬は怖い!もう「何を信じたらいいの?」って悩みますよね。
私個人としたら、必ずしも痩せたからといってキレイになる訳ではないと思っています。

更年期以上の方は、少しふっくらしている方が若々しく見えます。
お肌にハリも出ますし、顔色も良くなります。

しかし、50歳以上のお客様に、毎日を楽しく、前向きに、笑顔で過ごして頂きたいので、その手段として『痩せたい』希望のお客様には、プロのエステティシャンとして無理のない安全なダイエットの方法をお教えしております。

更年期以上の方のダイエットには鉄則があるのです。

安全なダイエット3つの約束

・体力を落とさない。
・筋力を落とさない。
・急激に体重を落とさない。
この3つは最低守って頂きたいです。

ラリューシュのお客様の中にも”痩せたい”というご希望の方がいらっしゃいます。

食べることが大好きで、気がついたらベスト体重より3~5キロ太ってしまい、痩せたいというか、ご本人の意識としては”ベスト体重に戻りたい”という方がほとんどです。

その方たちに共通して言えることは、食事する事を楽しめて、幸せを感じ、太れるほど内蔵が強いという事です。

食べること=幸せを感じること。

美味しそうに食べる姿を見ていると、こちらまで幸せになります。
「それでもやっぱり…痩せたいわ」という方の為に、幸せを感じながら、楽しくダイエットして頂くために痩せる仕組みをご説明いたします。

主な有酸素運動3つ

・ウーキング
・水泳
・ランニング
などの有酸素運動は、直接脂肪を減らせる方法です。

(例)
ウォーキング(呼吸が多くなる運動)

酸素を身体に取り入れる

その酸素を使って筋肉が脂肪を燃やす

脂肪を燃やすとは?

【筋肉が脂肪を燃やす】筋肉量が多いほど少しのウォーキングでグングン痩せて行きます。

しかし。。。

50代では年間1%づつ筋肉量が減ってしまうので、運動の効果も出にくくなります。
「歩いてるのに痩せない」
そんな方に気をつけてほしい事があります。

更年期世代の3つ目の新解決法

50才からのダイエットを成功させるには『3つの鉄則』があります。
①代謝アップ
②自律神経を整える
③新しい解決方法

①と②の説明

更年期世代は急激なエストロゲンという女性ホルモンの減少により、代謝が下がり脂肪がつきやすくなります。
エストロゲン減少は、冷えや血行不良も促進しますので、老廃物も溜まりやすく、むくみがちに。

更に、自律神経の乱れからホルモンバランスが崩れ、痩せホルモンが出にくい状態になってしまいます。
なるべくストレスを貯めず、睡眠をしっかり取る事も重要です。

睡眠中の体内では、成長ホルモンが分泌され、体の組織を修復し、運動や労働の疲労をとってくれます。肌の新陳代謝を活発化させ美肌にも一役かっています。

育ち盛りのように大量ではないですが、更年期世代にも成長ホルモンは出ます。笑
これがいわゆる痩せホルモンと呼ばれ、体内の脂肪をカロリーとして消費しています。

成長ホルモンは、急激に減ったエストロゲンの変わりに働いてくれます。

このホルモンは寝ている間に分泌されるので、睡眠時間が短いと体のメンテナンスも不十分となり、脂肪も分解されず太りやすい体になるのです。

③深い呼吸をする
今までは体重が落ちる時、身体についた脂肪はエネルギーと熱に変換され消えてしまうとされていました。

ところが2015年の研究で、脂肪がエネルギーに変換された後、およそ80%が二酸化炭素として肺を通り呼吸から排出され、16%が水として(便、尿、汗、涙などから)排出されることが分かりました。

忘れがちですが、呼吸も立派な排泄器官だということ。

取り込んだ酸素を一番多く使っているのは『脳』です。
約25%の酸素を消費しています。

呼吸のリズムと、脳の中の喜怒哀楽の感情を作り出している部分はリンクしています。
不安がある時は呼吸が浅く早くなるのは知られていますね。

深いゆったりとした呼吸は、痩せやすく自立神経も整うので一石二鳥なんですよ。

深呼吸をしましょう

「深呼吸をしましょう」というと「お腹を使った方がいいですか?」と質問されるのですが、口から吸っても鼻から吸ってもまずは肺に入るので、大事なのは肺呼吸です。

腹式呼吸は一種の呼吸法なので意識してほしいのは肺になります。

しかし、肩こりや首こりなど一見すると呼吸には関係なさそうな部位(肋骨・横隔膜・腹筋)のコリが深い呼吸を邪魔します!

サロンではこれらの呼吸筋をほぐし、深い呼吸が出来るように骨格の歪みなども整えていきます。

浅い呼吸はアゴが前に出て猫背になるので、しっかりと深い呼吸が出来るようになれば姿勢も良くなってきますよ。

「呼吸をしっかりして、たっぷり酸素を吸えば、脂肪は燃焼してくれる」

ウォーキングの時やお家にいる時など、いつでも出来る新習慣を是非、今日から試してみてくださいね。

◆呼吸筋を整えるメニューは→こちら

◆全身の代謝を上げて深い眠りを誘うメニューは→こちら

◆当サロン初めての方限定メニューは→こちら

 

ラリューシュのフェイシャルメニューは→こちら
ラリューシュのボディメニューは→こちら

経絡美容については→こちら

お問い合わせは→こちらから

 

人気記事
50才からダイエットを始める貴女へは→こちら
おでこのシワを本気で考えてみる→こちら

こちらの地域からもお越し頂いております!
静岡市葵区、静岡市駿河区、静岡市清水区、焼津市、藤枝市、掛川市、島田市、菊川市、御前崎市、磐田市、袋井市、沼津市、静岡以外にも東京都、神奈川県からもお越し頂いています。

-カラダにいいこと

Copyright© 静岡駅南口徒歩2分!たるみ小顔専門サロンLa ruche ラリューシュ。整形要らずのリフトアップ効果を実感! , 2020 All Rights Reserved.