お役立ち情報 カラダにいいこと ダイエット

痩せない理由を徹底解剖

整形級リフトアップ術で

『たるみ』『ほうれい線』を撃退!

ラリューシュ畠山です!

 

前回はダイエットに成功しない理由についてのお話でした。

記事は→こちら

 

 

今日は、なぜ40代以降が痩せにくいのか?

について深堀りしていきます。

 

そこには年齢を重ねた40代以降の女性

だからこその痩せにくい理由が

実は存在します。

 

 

あなたもこんなことありませんか?

 

「昔と比べて食べる量はそう変わらないのに、太ってきている」

 

「そんなに悪いものは食べてないのに痩せない」

 

私も30代までは、多少の食事制限で

すぐ2kgぐらいは落ちたのに、

50代になって、なかなか戻すのが

大変だな~と実感しています。

 

 

40代以降は痩せない理由はなぜでしょうか?

 

 

痩せない理由

 

1 代謝が悪くなった

2 筋肉量の低下

3 ストレス

4 女性ホルモンの乱れ

5 腸内環境の悪さ

 

以上が大きな原因5つです。

 

ひとつひとつ説明すると、

 

1 代謝が悪くなった

 

私達の身体は何もしていない時もカロリーを消費しています。

 

それを基礎代謝といい、

 

1日で消費するエネルギーの70%を占めます。

 

 

食事で摂取したエネルギーは、実はその大部分を基礎代謝で消費しているんです。

 

 

しかし、基礎代謝は18歳前後を境に徐々に落ちはじめ、40代に差し掛かった時点で急激に落ちてしまいます。

 

 

 

基礎代謝が落ちて消費エネルギーが

減れば、今までと同じような生活をして

いても太りやすくなるのは当たり前(> <)

 

また若い頃と同じようにダイエットを

行ってもなかなか痩せることができない

のはそのせいです。

 

 

 

そして、ここからが大切!

 

歳を重ねると、『白髪が増えた』『老眼がすすんだ』などの老化現象が現れます。

 

それと同じように

内蔵の働きも老化します。

 

 

今までと同じように食べていても太りやすいのは、内臓の機能が低下して基礎代謝が落ちてくるのが原因なのです。

 

内臓の状態は目に見えないものなので、分かりにくいですが、

 

暴飲暴食、アルコール、毎日の甘いものは、内蔵を疲労させて基礎代謝を下げてしまうんです。

 

この代謝をこれ以上下げない&代謝を上げることが、

 

私達が効率良く痩せるポイントになってきます。

 

 

2 筋肉の低下

 

加齢とともに筋肉量が落ちていくのは周知の事実。

 

それに加え40代以降は、運動や外出の機会が減ってしまいます。

 

とくに静岡は車がないと移動が大変。

 

遊びにおいても仕事においても、「座っている時間が大半」という人も多いのではないでしょうか?

ましてや、コロナでおうち時間が増えている中、運動をする機会ってあまりありませんよね。

 

 

体を動かす機会が減ると、筋肉量が低下し基礎代謝の衰えにつながります。

 

それは筋肉がもっともカロリーを消費する箇所だからです。

 

筋肉量が多い人の方が代謝が高い事が分かっています。

 

 

筋肉量の低下も基礎代謝を悪くする原因に繋がり、体を動かす機会の少ない40代以降が痩せにくい理由の1つなのです。

 

 

3 ストレス

 

一見ストレスは痩せにくい原因とは関係ないように思えますが…

 

ストレスを受けると、脂肪を蓄積するホルモン

「コルチゾール」が分泌されるため。

 

コルチゾールが増加すると脂肪の代謝が悪化。

 

食事量が同じでも、体脂肪をため込みやすくなります。

また、脳が疲労すると甘いものへの欲求が高まり肥満の原因に!

 

特に40代以降の女性では下腹に溜まると言われていますよ…。

 

 

ストレスをゼロにするのは無理だから

ここからが痩せるヒント!

 

そんな肥満の原因であるコルチゾールを減らすのに有効なのは、

『運動』と『7時間以上の睡眠』だった!

 

運動によって消費されるカロリーはそれほど多くないんです。

 

だけど、運動することによって血中のコルチゾール濃度を下げ、脂肪を溜め込まずに、気分を良くする物質を出すことは研究で分かっています。

 

気分を良くする物質(エンドルフィン)を出した方が、ダイエット効果ははるかに大きいです。

軽い運動で十分です。

 

 

睡眠不足も太ります

 

ダイエットに影響する3つのホルモンに関係するからです!

 

実は大人になってからも分泌されている

成長ホルモン

 

新陳代謝の低下や太りやすさだけでなく、美容・健康にとって非常に重要です!

ダメージを受けた細胞の修復・再生、肌のターンオーバーの正常化を促します。

 

アンチエイジングに欠かせないホルモンなので、

すっかり睡眠を確保したいですね。

 

 

4 女性ホルモンの乱れ

 

更年期女性のホルモンの減少は、満腹ホルモンである「レプチン」を減らし、

 

空腹ホルモンである「グレリン」が増える原因となります。

 

 

いくら食べても満腹感を感じにくく、さらに常に空腹感を感じてしまうような状態です。

 

こればっかりは自分の意思ではどうすることも出来ませんので、

 

対策として、

 

おやつの買い置きをしない

 

生理現象として衝動で食べたくなってしまうもの!

 

家の中には、ちょこっと摘めるオヤツを置かないほうがいいでしょう。

 

体重1kg増やすには、7,200kcal必要です。

毎日カントリーマアムを2個食べると、それだけで1年後には体重が5kg増量します。

 

間食分の100kcalをその都度消費するのは大変なので、

 

1で説明した基礎代謝を日頃から上げておくこと

 

2で説明した筋肉量を増やして基礎代謝を上げること

 

が重要になってくるのがお分かりいただけたでしょうか。

 

 

 

ちょっと長くなってしまったので、

 

5 腸内環境の悪さ

は次回にします。

 

お楽しみに(^^)/

 

 

第1回 ダイエットに失敗する理由

 

第3回 痩せない理由は腸内環境の悪さ

 

 

※7月のご予約は満席となりました。

ありがとうございます!

8月のご予約はお早めにどうぞ♪

 

▶初めましての方限定!
<整形級リフトアップ>初回体験コースの詳細は→こちらから

 

▶おすすめブログ→初めてのラジオ波

 

 

#静岡市エステ#静岡市小顔#静岡市たるみ#静岡市ほうれい線#静岡市リフトアップ#静岡市ラジオ波#静岡市エイジング#ラリューシュ#静岡市目の下のたるみ#40代からのダイエット#腸内活性

-お役立ち情報, カラダにいいこと, ダイエット
-, ,

© 2021 静岡駅南口徒歩2分!50代からのたるみ小顔専門エステサロンLa ruche ラリューシュ